Interview

飯島 佑介 / イイジマ ユウスケの生き方

 

飯島 佑介 / イイジマ ユウスケのプロフィール


名前|飯島佑介(イイジマユウスケ)
ニックネーム|ゆーすけ
誕生日|4月7日生まれ、牡羊座
出身地|長野県千曲市
職業(職種)|プロコーチ、転職エージェント、キャリアアドバイザー
趣味|ダンス、旅、創作料理、未知の体験、フリスビー

ホームページ|yusukeiijima0407.wixsite.com
Instagram|@yusuke_ijima
Twitter|@Yusuke_Coaching
Facebook|飯島 佑介
YouTube|-

HitoMoji MARKETに出品中の作品を見てみる

 

人生を語る上で欠かせない7つのシーン

Scene 1. 遊ぶときは、全部自分のアイデア!普通の遊びじゃ物足りない、わんぱく小僧。

長野の田舎生まれ。

好奇心旺盛の目立ちたがり屋。

とにかく元気で声の大きい、自由奔放な少年でした。

小学校時代は、2時間目休みもお昼休みも放課後も、グランドや体育館に行って遊ぶのが好きでした。

1つの遊びにどっぷりハマり、だんだん飽きてきたら、独自のルールを考案してそれをみんなと一緒にやる。

ボール2つのドッジボール、フリスビーサッカーなど、よくわからんルールをたくさん作って、友達に「やろう!」と誘ってましたね(笑)

たまに断られることもありましたが、みんな優しくて、だいたい僕の提案にノッてくれて嬉しかったです。

あの頃は、「みんながどうしたら飽きないか」って常に考えてましたけど、今思うと「自分が飽きない」ようにルールを作っていたんだと思います(笑)

 

Scene 2. 異常に長かった反抗期。「普通」という言葉が死ぬほど嫌いになった

写真は高校文化祭で染めてOKの時のものです笑

僕は、親への反抗期が本当に長かったです。

絵に描いたように、中1〜高3くらいまで。

最初のきっかけは中学1年生。テストの点数が悪いと、「部活参加禁止」という独自のルールができました。

勉強と部活は別の話なのに、勉強をさせるためになぜ大好きな部活を取り上げるのか、理解できませんでした。

そこからの戦争は激化。

親の言うことにすべて(屁)理屈を並べて反抗。

僕と母親の口喧嘩は、家の外にまで聞こえてました(笑)

特に「普通は〜」という言葉を使った時は強く反抗しました。

世の中の一般論や常識で話して欲しくなかったからです。

そのせいで(おかげで?笑)人一倍、「人と違うことをする」ようになりました。

そういう意味では、今はすごく感謝しています。

 

Scene 3. 小中高とサッカーに没頭。キャプテンをするなかで気づいた自分の弱さ。

物心がついたときには、ボールを蹴っていました。

リフティングが大好きで、ボールを頭の上にのせたり

くるくる回したり、新しい技ができるたびに自慢したくて(笑)

人より声が大きく、意思表示がはっきりしていたため、気づいたら小中高とキャプテンという役割を任されました。

ただ、自分がチームのキャプテンとして、率先して鼓舞して引っ張ったと思えたことは一度もありません。

僕は弱かった。すごくすごく弱かった。

明確な目標(中学なら県大会出場、高校なら県ベスト8)のため、誰よりも練習して、誰よりもチームのことを考え、勝利に導く。

そんな、当たり前のキャプテンになれなかった。

なので、サッカーは僕にとって、「良い思い出」というよりむしろ、「苦い思い出」です。

良薬口に苦し、という言葉の通り、未熟な僕に様々なことを教えてくれました。

 

Scene 4. ダンスを始めて自信がつく。休学してアメリカ留学、バイクでベトナム縦断、アフリカ縦断。海外で感じた地球人という感覚。

大学入学後、サッカーは一区切り。心機一転、ダンスに没頭しました。

ダンスはスポーツと文化の融合。本当に素晴らしい。

個として自己表現をしたり、人と一緒にショーケースを作ったり。

はたまたDJのかける即興の音楽に体をゆらして楽しんだり。

 

大学3年までは、ダンスしかやっていないと言っても過言ではありません。

このダンス部を通して、一生涯つながりそうな大切な仲間もできました。

 

そして部活の引退公演後は、アメリカへ留学へ行くことを決意。

ニューヨーク、オハイオ、カリフォルニアという3都市で計半年過ごしました。

初めての海外はなにもかもが新鮮で、些細なことすべてに感動したのを覚えています。

ただ、人の慣れとは怖いもので、3ヶ月後には、

「言語が違うだけで日本と大して変わらん」と思うようになりました。

 

それからは、もっと日本とかけ離れた環境に行きたいと考えました。

 

4年生の夏にはダンス部の男4人で、ベトナムをバイク縦断。

1日8時間以上バイクに乗りながら、ハノイ-ホーチミンの1800kmを走破。

東南アジア特有の気温やスコール、安くて美味しい屋台飯などを経験し、無事に2週間かけてゴールしました。

 

卒業旅行ではアフリカ大陸を縦断。

エジプトでピラミッドをみたり、タンザニアでサファリ体験など、日本では絶対にできないような瞬間がたくさんありました。

特に忘れられないのは、アフリカ最大のスラム「キベラスラム」の過酷さ。

飢餓という言葉を、五感で感じた初めての体験でした。

 

このような大学時代を経て、僕が感じたのは人は人であるということです。

肌の色や目の色、宗教も価値観も生活リズムも食生活も違うけれど、人は人。

繋がりを大事にしている。美味しいものが好き。歌や楽器には耳を傾ける。

そんな、人間の本来持った共通点がたくさんあったんです。

日本は島国だからこそ、外国人と話す機会が少ないし、繋がりを実感することは少ないけれど、でも共有しているんです。

僕らは地球という同じ星を、このメンバーで共有している仲間なんです。

この「地球人」という感覚になれたことが、僕の旅の一番の財産です。

 

Scene 5. やりたいこと応援コミュニティ「COCOA」を立ち上げ、自分が作りたい社会が見える。

留学から帰国後、なにか面白いことをしたくなり、バイト先の飲食店で街コンを主催している方にTwitterからDMを送り、仲間にしてもらいました(笑)

街コンの企画や司会をするなかで、もっと多様な企画をしていきたいという話になり、「みんなのやりたいことを、みんなが応援するコミュニティ」を立ち上げました。

周りでそのような楽しいことが好きそうな人を探し、徐々に人数は増えていき、社会人と学生20人ほどのコミュニティに。

キングコング西野さんや箕輪厚介さんの講演会、シェアハウスやゲストハウスの立ち上げなど、1人ではできないけどみんなでならできる!と壮大なことを口に出しては「どうやったら実現できるか」を考えて実行し続けました。

全てのプロジェクトが、友達を応援する感覚に近いため、大きな企画でも自分ごと化して考えることができ、文化祭の準備を一生しているような感覚でした。

LINEは常に鳴り続き、バイトを終えてスマホを見たら1000件通知がたまっていることも。

そのような熱量の高いメンバーと大学生活の最後に本気で様々な取り組みができたことで、僕にとってかけがえのない経験となりました。

そんなプロジェクトの中でも、僕がリーダーを務めたのがシェアハウスの立ち上げです。

どんな家を作りたいかを本気で考えているうちに、それは自分が作りたい社会の縮図だということに気づきました。

ホワイトボードとにらめっこしながら考えついた答えは、「Giveのループが生まれる社会」です。

ビジネスは基本的にGive and Take。

何かを提供してその対価を得ます。でもそうではなく、思いやりを持って、他人のために何かをGiveする。

そのGiveが巡り巡って、気づいたら自分のもとに返ってくる。

そんなGiveに溢れた社会を作りたいと思って、シェアハウスの名前は「Give Loop」と名付けました。

恥ずかしながら、大学時代は許可してくれるオーナーと出会えず、完成には至りませんでした。

しかし、僕は必ずこの家を作ろうと思っています。

Give and Take、ではなく、Give and Giveな社会を。

 

Scene 6. 本気で就活と向き合い、サイバーエージェントへ。何もできない状態から、グッドスタート賞を受賞するまで。

僕がアメリカ留学から帰国したのは3年の10月。

ライバル達は夏休み中に夏のインターンに参加していて、何かしないとまずい、でも何をしたらいいかわからない。

そんな中でやったほうがいいよと言われた自己分析に取り組みました。

自己分析とは、感情や思考の言語化を通して自己理解を深める、いわば自分の分解と再構築を繰り返す行為です。

これが僕からすると非常に面白かったんです。

あの時なぜこのように考えたんだろう、なぜこの時に頑張れたんだろう、じゃあ俺は何がしたいんだろう。

これらを言葉にしていくのが非常に楽しく、今までの人生をもう一度タイムマシンに乗って俯瞰して観察していくような感覚がありました。

これをノート3冊分ほどやったからこそ、企業との面接は毎回楽しかったです。

次はどのような質問をしてくるのか、ワクワクしながら面接に行っていました笑

 

その結果、僕はサイバーエージェントという会社を選び入社しました。

「21世紀を代表する会社を創る。」就活中にいくつもの企業のビジョンを見てきたけど、ここまでシンプルで格好よく力強いビジョンを見たことがない。

採用基準は「素直でいいやつ。」

なぜなら、素直であればいくらでも成長するから。

若手の成長を喜び、チームで高い目標に挑戦し、無事に達成して楽しく祝杯を交わす。

これがこの会社のカルチャーです。

そんなトップレベルのIT企業に入ったけれど、僕は入社するまでエクセルを触ったことがないくらいPCスキルがなく、入社当時は本当に大変でした。

データ分析にも資料を作るにも他の新卒の2-3倍の時間がかかりました。

でも、やる気だけはあったので、非常に丁寧に教えてくれるメンターやチームに恩返しがしたい、自分のチームの数字に貢献したい、そしてなにより結果を出したい。

これらの想いでがむしゃらに仕事に取り組みました。

インターネット広告事業本部、次世代ブランド戦略室、YouTube局コンサルタントというポジションで、1年間もがき続けた結果、毎月の広告の運用額は1億円を超え、担当企業も20社以上になりました。

そして社内で「グッドスタート賞」に選出いただきました。

僕にとっては、やっと認めてもらえた感覚があり、非常に嬉しかったです。

この1年間が、僕の「働き方のベース」を作ってくれたし、「本気で働いて本気で楽しむ」ということの魅力を実感して、仕事が好きになりました。

たった2年という短い期間でこの会社を辞めてしまったけれど、今でも心から大好きな会社です。

みなさん、ぜひAbemaTV見てください。

 

Scene 7. コーチングと出会い衝撃。「理想の自己実現の伴走」という生き方へ。

社会人2年目の時に、大学の先輩から「“コーチング”のセミナーに一緒に行かない?」と誘われて、何気ない興味から参加しました。

これが僕の人生を変える出来事となりました。

アドバイスや助言を与えるコンサルとは違い、相手に問いを投げかけ答えてもらうそのやりとりの中で、内省と言語化を繰り返し、本当に進みたい方向に歩けるように行動を促す。

これがコーチングです。

僕は最初にこの説明を聞いた時に、「助言もしないで人に質問をするだけ?本当にそれでお金がもらえるの?」と半信半疑でした。

しかし、問いの幅と深さの関係、具体と抽象の往復、コーチング空間の共有などを学べば学ぶほど、どんどんコーチングの魅力に惹かれ、このスキルを習得して「人の自己実現に貢献したい」と考えるようになりました。

そこからはセミナーに通い、関連書籍を読みあさり、友人に受けていただく形で実践経験を積んでいきました。

中学校3年生の時から自分の職業を探し始めて10年。

25歳でようやく自分の天職に出会えた感覚がありました。

もちろん広告代理店での仕事も好きでしたが、学ぶほどにコーチングのスキルをもっとつけたい、という想いが大きくなってしまい、辞めることを決意しました。

ちょうど2年となる2020年3月に退職し、4月からフリーランスのコーチとして独立しました。

独立したはいいものの、貯金もクライアントもゼロ。

文字通り背水の陣でした。

まずは友達に気軽にコーチングの体験セッションを受けてもらい、感想をSNSに載せてもらう。

それを繰り返していき、1年間で200人ほどに受けてもらいました。

ある時、過去のセッションを分析して、どんな悩みが多いかをまとめると、悩みの76%が仕事に関することであるとわかりました。

そこから「キャリアコーチ」と名乗り始め、人のキャリアに誰よりも向き合う存在になると決めました。

コーチングを、僕は一生やっていきます。

これはコミュニケーションの本質であり、ありとあらゆる課題を解決する可能性があると確信しているからです。

全ての人が、理想の人生を歩み幸せになる=自己実現できる世の中にするために、僕はこれからも頑張ります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

全ての人に愛を込めて。

佑介

 

今の私を漢字一文字で表すなら

今の私を漢字一文字で表すとしたら「熟」という字になります。

今の僕は、時間をかけてゆっくりじっくり変化しています。

会社を辞め、フリーランスを経て、会社を設立し、無謀にも未経験の領域で起業したはいいものの、やはりなにもかもが上手くいかずに試行錯誤しながら努力を積み重ねてきました。

僕は今、徐々に、でも確かに、変わっています。

果物が青い状態から熟して甘くなるように、冷たいものに火が通り徐々に熱が浸透していくように、

時間をかけて1人のビジネスマンとして成熟している感覚。

未熟な青年から、熟練したプロフェッショナルへ。

飯島佑介、そろそろ熟します。

 

 

私の将来の夢

僕の将来の夢は、2つあります。

1つ目は、親と子供の3世代で一緒にオーロラを見ること。

2つ目は、「佑介のおかげで人生が変わった」と10000人から言われること。

オーロラは、僕の父親が新婚旅行で行きたかったけど、見れない可能性があるのにいくのはもったいないと母から止められた、という背景があります。

その父親の夢を、自分が叶えてあげたいです。

これは子供として実現すべき親孝行だと思っています。

そして、愛する妻と子供たちにも、自然が持つ最大の芸術を、自分が父親という立場で見せてあげたいです。

子供としての夢と父親としての夢。これを同時に叶えます。

もう一つは、仕事としての夢です。

人生を変えるようなきっかけというものが、人には必ずあると思います。

それが偶然でも必然でもいいので、僕と関わったことで、少しでも人生が変わるような存在になりたい、と思っています。

「10000人」という数字は、最低限のゴールです。

自分が考え挑み成長し続ければ、もっと多くの人に影響を与えられるような存在になれます。

好奇心と向上心を掛け合わせ続け、人のターニングポイントとなります。

この2つが、僕の夢です。

 

 

 

【プロフィール】

名前|飯島佑介(イイジマユウスケ)
ニックネーム|ゆーすけ
誕生日|4月7日生まれ、牡羊座
出身地|長野県千曲市
職業(職種)|プロコーチ、転職エージェント、キャリアアドバイザー
趣味|ダンス、旅、創作料理、未知の体験、フリスビー

ホームページ|yusukeiijima0407.wixsite.com
Instagram|@yusuke_ijima
Twitter|@Yusuke_Coaching
Facebook|飯島 佑介
YouTube|-

HitoMoji MARKETに出品中の作品を見てみる

 

 

 

 

 

 

 

 


Hito

Emiko / エミコ kaoru / カオル KISSER / キッサー kuro / クロ misato. / ミサト Sarina / サリナ yanis / ヤニス くろめっと 杉本 / クロメット スギモト まるちゃん / マルチャン 三船 涼圭 / ミフネ リョウケイ 伏見 陽介 / フシミ ヨウスケ 内野 華穂 / ウチノ カホ 前川 卓也 / マエカワ タクヤ 前川 衣里子 / マエカワ エリコ 吉村 高彦 / ヨシムラ タカヒコ 大場 厚輝 / オオバ コウキ 大橋 賢大 / オオハシ ケンタ 天坂 晋 / アマサカ ススム 小林 海斗 / コバヤシ カイト 岸 起輝 / キシ カズキ 川崎 泰史 / カワサキ ヤスフミ 早川 友登 / ハヤカワ ユウト 服部 満瑛 / ハットリ マンエイ 杉本 拓海 / スギモト タクミ 村田 祥一 / ムラタ ショウイチ 樋口 加奈 / ヒグチ カナ 毛利 景子 / モウリ ケイコ
一岡 柊希 / イチオカ シュウキ 伊藤 幹太 / イトウ カンタ 大沼 花音 / オオヌマ カノン 大石 マリアーノ / オオイシ マリアーノ 宇野 元基 / ウノ モトキ 星野 孝太 / ホシノ コウタ 林 倖多 / ハヤシ コウタ 植田 一成 / ウエタ イッセイ 渡邉 広太 / ワタナベ コウタ 渡邊 悠里 / ワタナベ ユウリ 片寄 裕介 / カタヨセ ユウスケ 白草 彩芽 / シラクサ アヤカ 知世 / トモヨ 石橋 ゆかり / イシバシ ユカリ 石橋 海 / イシバシ カイ 石田 百香 / イシダ モモカ 神澤 清 / カンザワ キヨシ 翁長 希望 / オナガ ノゾミ 藤澤 雄偉 / フジサワ ユウイ 藤田 幸介 / フジタ コウスケ 袴田 菜月 / ハカマタ ナツキ 鈴木 在馬 / スズキ アルマ 鈴木 楓 / スズキ カエデ 鈴木 陸歩 / スズキ リクホ 青島 聡 / アオシマ サトシ 青野 華菜 / アオノ カナ 飯島 佑介 / イイジマ ユウスケ 高橋 来実 / タカハシ クルミ

 

Moji

 

Birthday

1/3 1/5 1/8 1/9 1/10 1/15 1/16 1/19 1/22 1/26 1/31
2/8 2/11 2/12 2/19 2/22 2/24
3/10 3/12 3/19 3/20
4/2 4/5 4/7 4/10 4/12 4/13 4/17 4/20 4/23 4/24 4/25 4/26 4/27
5/4 5/10 5/14 5/19 5/30
6/1 6/4 6/14 6/16 6/17 6/23
7/9 7/14 7/15 7/31
8/1 8/7 8/9 8/10 8/16 8/22 8/27
9/9 9/11 9/16 9/18 9/22 9/25
10/6 10/11 10/17 10/19 10/31
11/1 11/4 11/19 11/21 11/30
12/1 12/8 12/9 12/16 12/20 12/25 12/28

 

Occupation

NFTアーティスト PM(プロジェクトマネージャー) SNS伴走 webサイト運営 WEBデザイン おいも屋さん おでん屋 お茶屋さん アイリスト アロマセラピスト アーティスト アート・マネージャー イラストレーター インテリアコーディネーター ウェブマーケター エコ関連のブログ執筆 カイロプラクター カフェオーナー カメラマン カメラマンアシスタント キャリアアドバイザー キャリアコンサルタント キャリア講師 グラフィックデザイナー グラフィックデザイン サービス業 ジュエリー販売 スターバックスパートナー スチールカメラマン
スワッグ作家 トレーナー ネイリスト ハンドメイド作家 ハンドメイド服飾作家 バッグ作家 バーテンダー パーソナルトレーナー ビデオグラファー ビール店オーナー フリーター フリーランス プロコーチ マジシャン ヨガインストラクター 事業サポート 営業代行 建材メーカー 映像編集者 社会福祉施設経営 自分発見コーチ 英会話講師 菓子屋オーナー 革物メンテナンス 革物修理 靴磨き 飲食店運営
ダンスインストラクター フォトグラファー マーケティング 主婦 人事 会社員 伝統工芸職人のサポート事業 僧侶 出張料理人 副住職 動画クリエイター 営業(各種保険取扱) 大学生 専門学校教職 布屋 新体操の先生 旅人 環境活動家 看護師 設計・デザイン 車屋の店長 転職エージェント 青葉横丁しょうちゃん(修行中) 鮨職人

 

 

 

 

HitoMoji ONLINE

 

HitoMoji MARKET

 

 

 

No feed found with the ID 1. Go to the All Feeds page and select an ID from an existing feed.

-Interview
-, , , ,